アオカミキリモドキ?とアオジョウカイ

c0208989_20131526.jpg

c0208989_2013237.jpg

上の二枚はアオカミキリモドキではないかと思われます。カミキリモドキでいいのかな?と悩んで (同定ってわかんなくなるとすごく不安になります。なぜか、これだっ!て思った時は迷わないです。) 虫ナビ様にお聞きしたところ、近似種のカトウカミキリモドキというのがいることを教えていただいたので、?をつけておきます。
下はアオジョウカイだとおもいます。
カミキリモドキとジョウカイボンって体型がよく似ているので、どの分類から探すのかってところに手間取りました。
どっちも翅が背中を覆うような硬い構造になっているので甲虫の仲間にはいります。

虫屋さんには、草食の(花粉を食べるそうです)カミキリモドキは、肉食のジョウカイボンにくらべて顔に迫力がないとか感じるそうなんですが…そう言われれば顎の部分がごついかも?って気がする…うーん、そう思いながら見ているとそんな気分がしてきたかも。
ジョウカイボン見分けシナプス形成中?
c0208989_20133793.jpg


んで、カミキリモドキの方がカンタリジンという毒があって、体液が皮膚につくと腫れたりするそうなんですが、カンタリジンって名前がジョウカイボンの学名に基づいて名づけられている…っていうかwikipediaの「カンタリジン」の項目に、ジョウカイボン類の体液はカンタリジンを含むって書いてある。^^;;;
まあどうしましょう。ウィキペディアをうのみにするなって実例かしら。

えーっと。
とにかく、明かりに飛んできたカミキリモドキの体液でかぶれる事故が多いのは事実らしいので、直接、素手で触らないように注意して屋外に摘み出すか、触らないように殺すのがよいそうです。虫の死骸や分泌物も毒成分が含まれているので、注意してください。体液がついた場合水でよく洗うといいようです。ていうか、もしそれで検索してここにきちゃった人はこっちへどうぞ。
[PR]
トラックバックURL : http://musichan.exblog.jp/tb/14554342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from たまてぼっくす at 2010-06-09 20:59
タイトル : 「見える」人、「見えない」人
多摩のコツメカワウソの子供です。 ガラス張り(ってアクリルかも)の展示室と、奥の寝室の出入り自由になっていて、子供が出てきて少し遊んでは首根っこ加えられて回収、をくりかえしてました♪ この子の姉も大きくなってるんだけど、大人でも活発に動くし、動作が愛らしい。 写真はこれだけ。動画も撮ったけど編集がめんどくさいのでそのうち。 こんなお茶目で可愛い動物の親戚(ニホンカワウソね)が日本にもいたんだけどねえ… カワウソとか水門!(^^)!の写真集を出している人のブログ。 動物園サイ...... more
Tracked from 写ればおっけー。コンデジ.. at 2011-06-15 21:46
タイトル : リンゴカミキリ
アオカミキリモドキかとおもったけど、なんかヒゲ太いし、と思ったら、モドキじゃないカミキリムシでした。... more
by smallcreature | 2010-06-09 20:56 | 甲虫 | Trackback(2) | Comments(0)

写ればおっけー。コンデジで虫写真 

東京で昼間散歩しながら虫撮り。よく種類が間違ってます。