ヤニサシガメの幼虫 Velinus nodipes

c0208989_14425338.jpg
松の樹皮の隙間から出てきていました。
今日はモンシロチョウと、マルハナバチの仲間を初見。写真は撮れず。


[PR]
by smallcreature | 2017-03-11 14:46 | カメムシ、セミ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://musichan.exblog.jp/tb/26492524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by grassmonblue at 2017-03-13 13:06 x
こんにちは
モンシロチョウ初見情報を集めています。
本記事を引用させていただきたいので、よろしくお願いします。
日にちは11日でよろしいでしょうか。
また、場所は東京とのことですが市区町村あるいはそれ以上詳細に教えていただければ有難いです。
Commented by smallcreature at 2017-03-13 21:59
grassmonblueさん、こんにちは。
モンシロチョウの初見は気象庁も調査している項目なのですね、最近知りました。
11日、都区部ということでお願いします。
今年は菜の花畑を見に行けなかったので、公園で飛んでいるのを見かけたのが初めてになりました。
<< コナラの樹名板の下にいた甲虫 木柵の隙間にいたフユシャクの一種の♀ >>