<   2016年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ワカケホンセイインコ Psittacula krameri manillensis? 

相変わらずな虫しか出会ってないので…
野生化したインコです。都区部では珍しくない鳥だと思うんですが、
ムクドリより大きく、ハトよりスリムだけど長い感じのサイズで、鮮やかな緑色が印象的。
詳しくはこちらをどうぞ。
c0208989_19202956.jpg
c0208989_19204689.jpg
c0208989_19210019.jpg



[PR]
by smallcreature | 2016-01-28 19:29 | 昆虫以外 | Trackback | Comments(2)

シロスジショウジョウグモ Hypsosinga sanguinea ?

このぐらいのサイズのクモはいろいろいるんだけど、
撮りたくなるのはもっぱら
この赤に黒い斑点のクモなので、こればっかり載せることになります。
c0208989_22035780.jpg

[PR]
by smallcreature | 2016-01-25 22:07 | クモ | Trackback | Comments(0)

\(^o^)/この冬初めてみつけたフユシャクのメス

c0208989_20271633.jpg
声出してガッツポーズしちゃいました。



[PR]
by smallcreature | 2016-01-22 20:30 | 蝶、蛾 | Trackback | Comments(2)

クチナガオオアブラムシの一種 有翅型

クヌギクチナガオオアブラムシ Stomaphis quercus japonica か、ヤノクチナガオオアブラムシ Stomaphis yanonis かなあ?

c0208989_22153942.jpg
えらく長い産卵管…かと思ったら、口吻だった。

アリマキともいうアブラムシの仲間は、
植物の汁を吸ってタンパク質を得ようとすると糖分があまるので、その排泄物を好むアリが寄ってきて、
 アリがアブラムシを守る代わりに甘露をもらう という共生関係になる種類が多いのですが、
この口長なアブラムシは、木に刺さるほど長い口吻が邪魔になって動けないので、
アリがつくった土壁の中で守られて生きるんだそうです。

翅があって分布を広げるのは秋から冬で、春から夏は単為生殖らしい。

こちらの記事に蟻との共生関係についての観察が出ています。

c0208989_22152584.jpg




[PR]
by smallcreature | 2016-01-20 00:11 | カメムシ、セミ | Trackback | Comments(0)

コミミズクの幼虫 Ledropsis discolor

雪の前に撮影。
ヨコバイの仲間って感じです
c0208989_21020194.jpg
c0208989_21021418.jpg


[PR]
by smallcreature | 2016-01-19 21:02 | カメムシ、セミ | Trackback | Comments(0)

ゴミを背負ったクサカゲロウのなかまの幼虫  Chrysoperla sp.


クサカゲロウもいろいろ種類があって、
幼虫がゴミをまとうタイプとまとわないタイプがいます。
こちらの記事が面白いです
c0208989_18510415.jpg
c0208989_18511369.jpg
ゴミにピントが行ってしまってますね^^;



[PR]
by smallcreature | 2016-01-17 19:02 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)

アオモンツノカメムシ  Dichobothrium nubilum ?

c0208989_21330587.jpg
樹名板の下にいました。


[PR]
by smallcreature | 2016-01-16 21:34 | カメムシ、セミ | Trackback | Comments(0)

エサキモンキツノカメムシ Sastragala esakii

c0208989_13342293.jpg
こんな習性があるそうです


[PR]
by smallcreature | 2016-01-15 13:36 | カメムシ、セミ | Trackback | Comments(4)

ヤマギシモリノキモグリバエ Rhodesiella yamagishii ?

私のいつも行く公園は目の高さに枝が残されている樹木が多くないのですが、
マテバシイの葉がわりと低いところまで来ているのを見つけたので眺めていたら、ブツブツしたものがみえました。
引き寄せてみたら、小さなハエが。
c0208989_20095462.jpg
ハエはわけわかんないので敬遠するんですが、金属光沢がきれいだったのと、
なんかこういう図ってどっかで見たような、と思って調べてみたら、
こちらの記事
ヤマギシモリノキモグリバエというのに似ているようです。
もっと詳しく見ないと確かでないんですが、コンデジ(
STYLUS SH-2)で手持ちで撮ったらこんぐらいでした。
c0208989_20120846.jpg
集団越冬のすごい写真はこちらです。
わわっそこまで多くなくてよかった…(メロンの種が気持ち悪いタイプ)




[PR]
by smallcreature | 2016-01-14 00:04 | 蜂、蟻、アブ、ハエ、蚊 | Trackback | Comments(0)

タケノホソクロバ Artona martini の幼虫 を捕食する フタスジヒラタアブの幼虫 Dasysyrphus bilineatus

c0208989_16302466.jpg
フタスジヒラタアブの幼虫はよく擬木に落ちていて、
同じく落ちてきたアブラムシの体液を吸ってたりするのは見かける
けど、
今回の獲物は大きかった。
このアブの幼虫は先日散歩した時もこの擬木にいたような気もする。
擬木の横は笹。



[PR]
by smallcreature | 2016-01-13 16:36 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)