ツマグロツツカッコウムシ

c0208989_23403180.jpg
夕立(?)の様子をみに外に出たら、なんか面白そうな虫が裏階段に。
でもすごい降りになったので、雨に耐えて待っててくれよーと祈る。
耐えてくれた雨後の姿を撮影したものがこれです。
甲虫ってのはわかるけど分類がわかんなくて、
虫ナビさんの甲虫のところをぐりぐりみたら特徴的な色彩から種類がわかりました。
うれしい流れ。いつもこうならいいのにねw
朽木とか弱った木の住民らしいです。

で、なぜ郭公虫?と思って調べたら、あまりわかんないらしいのですが、
森林総合研究所さんのページ
ヨーロッパにはミツバチの巣に入り込んで幼虫などを捕食するハチノスカッコウムシという種がいて、それが「托卵」に見立てられ、んで学名の翻訳あたりでそうなったのかな?的な
感じのことが書いてありました。(この文は私が適当にまとめましたのでそこはよろしくね)

[PR]
トラックバックURL : https://musichan.exblog.jp/tb/22408457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tamayam2 at 2016-08-27 08:46
ほほう!これがカッコウ虫との出会いですね。
虫ナビから森林総合研究所へ・・・素晴らしい探求心!尊敬します。ヨーロッパの虫を調べる
には、日本では資料が少ないですね。切手から
調べるというのも一つの手です。今回は、本当にいろいろ勉強になりました。感謝!
Commented by smallcreature at 2016-08-27 23:01
ウェブ検索っていうのは便利なものですね。
ハチノスカッコウムシは、面白かったです。
by smallcreature | 2014-07-28 00:05 | 甲虫 | Trackback | Comments(2)

写ればおっけー。コンデジで虫写真 

東京で昼間散歩しながら虫撮り。よく種類が間違ってます。